シミの原因|スキンケアと化粧品

MENU

シミ対策 化粧品

あなたは、しみ対策の化粧品に、何を使っていますか?
しみ対策化粧品といえば、真っ先に思い浮かぶのは、美白化粧品?それともUVカット商品?
そう考えると、しみに対してどんな対策をとっているかは、その人が使っている化粧品で分かるってことですよね。
はたして現在、どのような種類のしみ対策化粧品があるのか口コミでも人気のビーグレンの商品を紹介します!

 

⇒ 【b.glen】シミ対策

 

【まずは予防!シミは作らないことが大切】

 

シミを作る原因のひとつ、紫外線をカットするUVカット商品はロングセラーですよね。

 

 

日焼け止めは、クリーム?ローション?

 

・クリームタイプ
 メリット
高い紫外線カット効果が期待できる。
保湿力が高いので、乾燥肌にはうれしい。
化粧下地に使えるので便利。

 

デメリット
選び方を間違えると肌へ負担が掛かる。
ベタつきが気になることも。
オイリー肌には、重く感じる。

 

 

・ローション、ジェルタイプ
 メリット
 使用感が軽い。
 リーズナブルなので全身に使える。
 サッパリしているのでオイリー肌にはうれしい。

 

 デメリット
 敏感肌には負担が大きい。
 紫外線カット率に不安を感じる。
 乾燥しやすい。

 

 

・スプレー、シートタイプ
 メリット
 いつでもどこでサッと使える。
 軽い使い心地なので塗り直し用に便利。
 バッグに入れて持ち運べる。

 

 デメリット
 塗りむらができやすい。
 シートタイプは擦ってしまうとかえってシミの原因を作ってしまうことも。
 肌が弱い人は使えないことが多い。

 

 

しみ対策には、まず基本の日焼け止めはマストです!
それぞれのメリットを利用して、シーン別で使い分けるのが賢い方法かも。

 

 

【シミ対策には、乾燥を防ぐ化粧品選びを!】

 

乾燥はお肌の大敵というけれど、シミの原因のひとつでもあるんですよ。
お肌が乾燥すると防衛システムが壊れ、外からの刺激を防ぎきれなくなります。
すると、細胞を守るために、肌の奥でセッセとメラニン色素を活性化させるシステムが作動し始めます。
ターンオーバーが乱れた肌は、作り出したメラニン色素を排出できず、どんどん色が濃くなってシミが出来上がってしまうのです。

 

四季を通じて紫外線対策が必要なように、お肌の乾燥予防も天気や季節に関係なく、保湿重視の化粧品を使うようにしてくださいね。

 

 

 

 

【今あるシミには、化粧品】

 

シミって出来てしまうと化粧品では解消できない?
いえいえ、時代は進みました!今は、化粧品で、シミを薄くすることはできるんです。
それには、シミ対策の有効成分が配合されている化粧品であることが大前提!
あなたが使っている化粧品には、シミに効果のある成分が含まれていますか?

 

 

 

いかがですか?
しみ対策は、いろいろな角度からのアプローチが功を奏するんですね!
まずは保湿、そして紫外線ブロック、それでもシミが出来てしまった時には、有効成分の配合された化粧品でアタックです!