しみ対策 食べ物

MENU

しみ対策 食べ物

しみを作らないようにする食品や、しみができても薄くする食品はあるのでしょうか?
食べ物でできるしみ対策は、日常に取り入れやすいスキンケアですよね。
ここでは、どのような食べ物が、シミやソバカス対策に効果があるのかを調べてみました。
また、食べ過ぎるとシミやソバカスが出来やすくなってしまう食べ物も、併せて目を通してみてください。

 

シミやソバカス対策ができる食べ物

 

・ぶどう、赤ワイン、コーヒー、チョコレートなど

 これらに含まれるポリフェノールには、アントシアニン、プロアントシアニジン、
レスベラロトールなどの、シミ対策に有効とされる成分が含まれています。
 ポリフェノールには多くの種類がありますが、どれも抗酸化作用を持っていることが特徴です。
 肌ダメージで起こるシミやソバカスは、活性酸素が深く関わっているので、
抗酸化作用を持つ食品は有効だといえるでしょう。

 

・バナナ

 バナナは、丸ごと美容食品として注目できる、優れた食べ物です。
 抗酸化力がとても強く、熟したバナナは栄養面でも高い評価があります。
 シミだけではなく、シワ対策にも効果があるとされているのは、
ビタミンCの含量が多い上に、各種ミネラルもバランス良く摂取できるからでしょう。
 バナナの皮からハンドメイドの化粧水を作っている人もいるほど、
美肌に繋がる食べ物だということが分かりますよね。

 

・ルイボスティー

 ルイボスティーに限らず、ほとんどのお茶には、シミに効果がある成分が多く含まれています。
 けれど、抗酸化作用だけでなく、ルボスティーにはSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様
酵素が多く含まれているので、アンチエイジング効果があります。
 さらにノンカフェインであるため、常飲しても身体に負担がないお茶なので、
健康飲料としても高く評価されています。
 エステサロンでも良く飲まれているお茶だそうですね。

 

・緑黄色野菜

 ピーマン、にんじん、ブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜には、
ベータカロテン(ビタミンAのもと)やビタミンCが豊富に含まれています。
 ビタミンAには、皮膚を健康に保つ働きがあるので、シミを予防する効果があります。
 また、ビタミンCは美白作用とコラーゲン生成を促進するので、
積極的に摂取することをお勧めします。
 野菜類に含まれている食物繊維は、デトックスには不可欠であり、
体内環境を正常化するので、肌のくすみなどを改善できます。

 

・鮭、サクラエビなど

 魚介類の「赤い色」は、アスタキサンチンを多く含んでいるので、
シミやソバカス対策に効果がある食品になります。
 アスタキサンチンは、コエンザイムQ10やビタミンEの数百倍の抗酸化パワーがあり、
美白や眼精疲労など、アンチエイジングの成分とされています。
 また、コラーゲンの生成を促す作用もあるので、乾燥肌や小ジワ、
たるみやくすみなどの改善も期待できます。
 アスタキサンチンを有効に働かせるためには、少量の油と一緒に食べることをお勧めします。

 

食べ過ぎ注意!シミの原因になる食べ物?

 

メラニン色素を作るもととなる物質「チロシン」が、多く含まれている食品は、
食べ過ぎ注意だと言われています。

 

例えば・・・
・りんご
・バナナ
・アボカド
・チーズ
・タケノコ など

 

しかし、これらは美容食でもあるわけで、
まさに紙一重な感じですが、実際に注意すべきことは・・・

 

・ビタミンCを必要量摂取している
・食べ過ぎないこと

 

だそうです。
なんとも、当たり前なことでしたね。

 

そしてもうひとつ。

 

・糖
甘い物や炭水化物の食べ過ぎは、
細胞を劣化させてしまうのでシミが出来やすい環境になってしまいます。

 

いかがでしょうか?食べ物でしみ対策というのは、
「これだけを食べればいい」ということではないようですね。
様々な旬の食材を、バランス良く食べることが大切な気がします。

関連ページ

シミ対策 コスメ
シミ対策 コスメについて
シミ対策 口コミ
シミ対策 口コミについて
シミ対策 サプリ
シミ対策 サプリについて
シミ対策 皮膚科
シミ対策 皮膚科について
シミ対策 食事
シミ対策 食事について