シミ対策 食事

MENU

シミ対策 食事

食事や睡眠など、規則正しい生活を心掛けていますか?
しみやソバカス、小ジワなどの肌トラブルを進行させるのは、何も紫外線だけではありません。
食べ物でしみ対策ができるとしたら、食事に少し気を付けるだけでも、結果は違ってくるもの。

 

ここでは、しみの出来る原因別に、美味しく食べて、しみ対策ができる食事をご紹介します!

 

紫外線から肌を守ってシミ対策ができる食事

 

ビタミンA、C、E、アミノ酸、など

 

ほとんどのシミの原因になっている紫外線ですが、適度に浴びることは健康面でも必要なこと。
とはいえ、お肌的にはどうなの?
そんな不安には、とにかくビタミンCを体内に多く取り入れるようにすることです。
ビタミンCには摂取上限がなく、余分に摂り過ぎても体外に自然に排出されます。
ビタミンCは、体内で美白作用を発揮する成分でもり、アミノ酸と共にコラーゲンを生成する材料にもなります。
また、ビタミンA,Eと共に摂ることで、「抗酸化ビタミン」としての働きも、相乗効果を示しながらアップします。

 

ビタミンCは熱や水分で溶けだしてしまう特徴があるので、
単純にサラダやフルーツを食べることで補うことが一般的とされています。
スムージーや青汁なども、食事代わりにいいですね。

 

ホルモンバランスを保ってしみ対策ができる食事

 

イソフラボン、パントテン酸、ビタミンB6、E、など

 

肝斑は、女性ホルモンの乱れが原因でできやすいといわれています。
ホルモンバランスを保つことは、シミ対策だけでなく、
日々の生活を穏やかにするので、是非気を付けたいことですね。

 

イソフラボンは女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと似た働きをすることで有名です。
多く含まれる食品は、大豆製品で、たとえば豆腐ならば半丁で、
成人が1日に必要な摂取量のイソフラボンのほとんどを満たせます。
その他、パントテン酸、ビタミンEやB6は、ホルモンの分泌を促します。

 

肌乾燥を防いでシミ対策ができる食事

 

良質なタンパク質、ベータカロテン、ムチン、など

 

肌の乾燥は、紫外線などの刺激をダイレクトに受けてしまい、
シミや小ジワを作りやすくしてしまいます。
保湿成分の高いスキンケアで、外からのケアも大切ですが、
食事に気を付けることで、内側から乾燥しにくい肌にすることもできるのです。

 

タンパク質は三大栄養素のひとつで、シミ対策以外にも重要な役割を持っています。
食事で摂取するのは、現代の日本ではとても簡単で、肉、魚、卵などから摂れます。
また、オクラや納豆などネバネバした食品に含まれるムチンは、
細胞自体の保水力を高めることが分かっています。
納豆は整腸作用もあり、美容食としては高機能食の1つですので、
積極的に食事に取り入れたいですね。

 

毎日の食事を少し見直してみるだけで、
シミ対策ができる健康な肌作りができることがお分かりでしょう。
「医食同源」、高い美白化粧品を使ったり、高額な皮膚科治療を頼る前に、
こんなに安上がりな方法でシミ対策ができてしまうこと、どうぞご記憶くださいね。

関連ページ

シミ対策 コスメ
シミ対策 コスメについて
シミ対策 口コミ
シミ対策 口コミについて
シミ対策 サプリ
シミ対策 サプリについて
シミ対策 皮膚科
シミ対策 皮膚科について
しみ対策 食べ物
しみ対策 食べ物について