シミの種類

MENU

シミの種類

ひとことで「シミ」といっても、原因も様々なら種類もそれぞれに分けられます。
そのシミの種類によって、対処法や予防法が違ってくるので、
まずは自分のシミがどの種類のシミであるかを見極めましょう。
もし、あなたが美白ケアをしているのに、シミが濃くなっていくような場合は、
シミにあったお手入れをしていない可能性も!

 

ここでは、シミの種類と見分け方をご説明します。

 

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

 

特徴
  • ・30代以降に現れ、加齢と共に色が濃くなっていく。
  • ・最初はボヤけた小さな点が、徐々に拡大して円形状のシミとして自覚される。
  • ・紫外線の影響を受けやすい顔や肩、デコルテ、腕にできる。

 

一般的に「シミ」といわれるものが、この老人性色素班、記憶シミにあたります。
原因は、紫外線によるメラニン色素の合成によるものなので、
時間をかけて少しずつ出来ていきます。
日焼け止めクリームなどで、UV対策をすることで予防が可能です。

 

肝斑(かんぱん)

 

特徴
  • ・妊娠出産、ピルの服用、閉経などで現れることが多い。
  • ・淡色から褐色まで、状態によって大きさが変化する。
  • ・両ほほ周囲に左右対称に現れるのが、大きな特徴。

 

肝斑の本当の原因は、実はまだ証明されていません。
しかし、女性に多く見られることと、
ホルモンバランスが変化する時期に濃くなることから、
何らかの女性ホルモンが関係していると考えられています。
そのため予防は、ホルモンバランスを整えることが大切です。

 

雀卵斑(ソバカス)

 

特徴
  • ・10代くらいから現れ、色白の人に多く、また家族にソバカスがある人も多い。
  • ・点々とした米粒程度のシミが、散らしたようにできる。
  • ・鼻を中心にほほや、おでこなどにも広がることがある。

 

ソバカスは、遺伝的要素が強いシミです。
家族にソバカスがある人がいる場合、自分にもその可能性があるので、
浮かび上がる前に予防しましょう。
きっかけは紫外線や摩擦などの刺激が引き金となるので、
日焼け止めと肌を擦り過ぎないことを癖付けします。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

 

特徴
  • ・ニキビやニキビ跡、または擦傷後にできやすい。
  • ・肌が異変を起こしたり、外側からの刺激でダメージを受けるあらゆる部位にできる。
  • ・赤みが引いた後の、いわゆる「傷跡」なので、形は様々。

 

カミソリ負けや化粧品かぶれ、アレルギー性皮膚炎などでも起こります。
肌のターンオーバーが乱れているとできやすく、加齢にも関係しています。
対策は、肌の乾燥を防いで肌理を整えることと、それ以上の刺激を与えないことです。

 

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

 

特徴
  • ・イボ状に出っ張った形で、淡色から黒色まで色素沈着がある。
  • ・主に40代後半から出来やすいが、稀に20代でもできる場合もある。
  • ・特に形状に変化もなく、痛みやかゆみもない。

 

紫外線にあたると色が濃くなりやすいので、日焼け止めでUVカットは必須です。
原因は、肌の老化によるものなので、残念ながら予防や対策はありません。
どうしても気になるようなら、皮膚科で処置ができます。

 

弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

 

特徴
  • ・一気に強烈な紫外線を浴びることで、肌の真皮層までダメージが及び、時間と共に濃くなるシミ。
  • ・花びらを散らしたような形状で現れる。
  • ・色白の人やソバカスがある人、日焼けした後、皮膚が赤くなる人にできやすい。

 

強い紫外線を短時間で浴びることで起こる、強度の日焼けが原因です。
最近になって地上でも確認された紫外線C波による影響も大きいと言われています。
海水浴や山登り、スキーなどの紫外線が強いところは要注意です。