シミ 消す

MENU

シミ 消す 化粧品

シミは、出来る前の予防が大切だと分かっていても、
化粧品での100%の紫外線カットは難しいものです。
それにシミの原因は、紫外線ばかりでなく生活習慣やストレスが関わっていることも。
そう考えると、できてしまったシミでも消してくれる化粧品があれば、嬉しいですよね?

 

あります!

 

できてしまったシミを、
可能な限り薄く消してくれる化粧品の成分が、ありました。

 

シミができるシステム

 

最初に、シミはどうしてできるのかを、おさらいしておきましょう。

 

  • ・皮膚は、3層からできています。

 肌表面から「表皮」→「真皮」→「皮下組織」

 

  • ・表皮は大きく3層に分けられます。

 外気に触れる表面から「角層(角質層)」→「角化細胞層」→「基底層」

 

  • ・シミができる仕組み

 紫外線などの刺激を角層が感知→表皮に入り込むと情報伝達物質が出ます。
 情報伝達物質は基底層にある「メラノサイト」というメラニン生成工場に入り込むと、
 それを合図に「チロシン」というメラニンの素を作り始めます。
 すると、「チロシナーゼ」という酵素が、チロシンと合体してメラニンを作り出し、
 色素を濃くすることで細胞を傘の様に覆って守ります。
 肌のターンオーバーが正常ならば、メラニン色素ができても、新陳代謝と共に表面に浮き出て、
 やがては剥がれ落ちていくのですが、ターンオーバーが乱れていたり、
 肌が乾燥していると剥がれずにどんどん溜まってしまいます。
 これが「シミ」が出来る仕組みだったんですね。

 

シミを消すといわれる化粧品の成分

 

美白化粧品に入っている成分のほとんどは、
メラノサイトへの情報伝達をブロックするタイプのもの。
もうひとつは、チロシナーゼ酵素に働きかけ、活性を抑制したり、
チロシナーゼの数を減らすタイプのものの2種類に分けられます。

 

それとは別に、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という成分は、
群を抜いて美白作用があることで知られています。

  • ・ハイドロキノン

 メラニン色素の還元(元に戻す)作用があるため、「肌の漂白剤」ともいわれている成分です。
 ただし、扱いが難しいことがデメリットで、刺激を感じたり、
 酸化(劣化)しやすかったりするのが、悩ましいところ。

 

  • ・トレチノイン

 ターンオーバーを正常の2倍の速さにするため、「角質剥離剤」ともいわれている成分です。
 その際、強い刺激を感じたり、湿布部分が赤くなったりすることがあり、
 安易に化粧品として使うことをためらう声も多いようです。

 

この2つの成分は、積極的な美白作用を持つので、
できてしまったシミに対しても、ホームケアでの対応をより可能にしました。

 

 

いかがですか?
シミができるシステムと、それを食い止める働きがある成分。
その組み合わせが一般的な美白化粧品でしたが、
それよりも積極的にシミを消していこうとする化粧品もあるということが、
お分かり頂けたと思います。