美白化粧品

MENU

美白化粧品

美白は女性にとって憧れであり、
美肌の基本であり、目指すところでもあるでしょう。
美白化粧品は、今や女性だけでなく男性にも支持が広まっています。
私たちが美白に求めるものとは?
なぜ、そこまで白い肌が好まれるようになったのでしょう?

 

美白化粧品や美白のこと、いろいろ調べてみました!

 

美白と美白化粧品

 

美白がこんなににも浸透したのは、いつからでしょう?
近年の日本では、真っ黒に焼いた肌が「健康的」とされたり、
今でもヨーロッパの一部では、日焼けはステイタスとなっているようですが・・・

 

紫外線が肌に及ぼす悪影響が、医学的に証明されたのは1970年代。
けれどそれ以降にも、なぜか肌を焼くオシャレはブームとなって繰り返されています。
しかし、2000年代に入ってからは、知識や情報が広まり、
紫外線による健康被害が認知されました。
それに伴い、美白化粧品は女性のマストアイテムに。

 

白い肌が美しいとされた時代は、なんと飛鳥時代までさかのぼることができます。
白粉を日本で初めて使ったのは、時の女帝持統天皇。
大陸から渡ってきた白粉を献上されたのだそうです。
以降も、その時代、時代ごとに、
美白化粧品と言えるスキンケアが存在していたことが、文献として残っているそうです。

 

つまり、本来の日本人は、「白い肌は美しい」と考えてきたわけですね。
現在、私たちが美白化粧品にこだわる根底には、
そんな祖先からのDNAが関係しているのかも!?

 

美白化粧品にできること

 

あなたは美白化粧品を、なんのために使っていますか?
もちろん、「美白するため」と答えられるでしょう。
では、美白とは、なんですか?

 

人間が持っているメラニンは、2種類あります。
ユーメラニン(黒〜褐色)と、フェオメラニン(黄色〜赤色)で、
この比率で肌の色が決まるそうです。
ユーメラニンが優勢な人種が、美白化粧品を使えば、
フェオメラニン優勢の人種の肌になれるのか?
どうです?なんとなく理屈が分かってきますよね。

 

美白化粧品は、その人が本来持っている肌色以上には白くできないのです。
元が色黒の人が、いくら美白化粧品を使っても、色白にはなりません。

 

では、なんのために美白化粧品を使うのか?
本来の自分の肌色をキープし続けるためです。
子供の頃のように、くすみやシミのない瑞々しい肌を保つために、
美白化粧品を使うのです。
美白とは、紫外線やその他のトラブルから肌を守り、
シミができにくい肌状態にすることだったんですね。

 

いかがですか?美白の歴史と美白化粧品の必要性など、
お分かり頂けたでしょうか?
最近では化粧品でも、もう一歩踏み込んだ美白ができるものも、
徐々に出回り始めているようですね。

美白化粧品記事一覧

 

独自に開発された経皮デリバリーシステムを持つビーグレン。キューソームというナノ化カプセルに、有効美容成分を閉じ込めることで、肌への確かな浸透を実感できるスキンケアです。その実力は、今では美容マニアだけでなく、一般にも知られるところとなりました。そんなビーグレンのお得な「キューソームホワイトトライアルセット」をご紹介します!たっぷり試せて、1944円!しかも365日の返金保証セット内容・QuSome...

 
 

化粧水とは、お肌全体に水溶性の有効成分を届けるアイテムです。化粧水の水分が肌を潤すのではなく、配合された保湿効果のある成分が、肌の水分バランスを保つよう働きかけるのです。こちらでは、ビーグレンのQuSomeホワイトローション(化粧水)を、ご紹介します!製品説明美白スキンケアは、潤いが足りないという既成概念をくつがえした、美白と保湿が同時に行える化粧水です。紫外線のダメージを、その日のうちに補修、改...

 
 

美容液とは、目的を絞って、集中ケアしたい場合に向いている、美容成分を高濃度で配合しているプラスアルファのケアアイテムです。どうしても使用しなければいけないというものではありませんが、使えば悩み肌の改善効果は格段に上がります。その特異性から、美容液は単体で販売されていることもあります。こちらでは、ビーグレンのQuSomeホワイトエッセンス(美容液)を、ご紹介します!製品説明シミの元であるメラニン色素...

 
 

美白クリームとは、紫外線やストレスから受ける肌ダメージを予防する効果のあるクリームのこと。スキンケアにおいて、「蓋」の役割をするよう作られているので、ケアの最後に使うことが多いものです。しかし、中には「重たい」「油っぽい」「ベタつく」などのテクスチャーに対しての不満から、省略してしまう人も多いとか。美白に限らずですが、クリームは大切な最後の仕上げです。上手に使って、正しいスキンケアができるよう心が...

 
 

フェイスクリームにも、種類と役割があります。主にスキンケアラインの最後に「蓋」の役割として使うもの、蓋を兼ねて夜だけ使うリッチなもの、朝だけに使う下地クリームなどです。若いうちは、クリームを省略する人もいますが、せっかく使っている化粧水や美容液を浸透させ、肌を守るためにも上手に使いこなすことをお勧めします。こちらでは、ビーグレンのQuSomeモイスチャーリッチクリームを、ご紹介します!製品説明大人...